スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
リヤド・マフレズ
アルジェリア代表のサッカー選手。MF
マフレズはフランスのAASサルセルのユースでキャリアをスタートし、2009年にカンペールでプロデビューを果たした。1年後にル・アーヴルに加入し、トップチームですぐに出場機会を得ることはできなかったが、リザーブチームでレギュラーとなり、次第にトップチームでも出場機会を得られるようになった。2014年1月に当時チャンピオンシップに所属していたレスター・シティへ完全移籍した。2015-2016シーズンにはPFA年間最優秀選手賞を受賞する活躍で、レスター・シティの初優勝に貢献した。

しかし、レスターシティは今季は、優勝は出来なかった。

人生は山あり谷ありだ。去年良ければ、今年も良いということはない。昨日良ければ、明日良いという保証はない。社会人であれば、昨日まで働いていたが、急に退職勧告を受けることもある。学校であれば、急にクラスからいじめを受けることになることはある。学生時代は精神が安定している方は少ない為、グループに所属していないものや能力が劣っている、もしくは優れているものに対して仲間外れにしたり、「お前はダメな人間なんだ。」とカーストを張られることもある。体育の時間に集団で腹を蹴られたり、休憩時間にボールをぶつけられて嘲笑されることもある。いじめを行っている人間は、行ったことは覚えていないが、受けた人間の心には一生の心の傷として残っている。いじめが原因で死んでしまうこともある。

それを若気の至りとして処理してはいいのだろうか?
「ハハハ」と笑って済ませればよいものであろうか?

失った時間は取り戻すことは出来ないが、行わなければならないこともあるのではないか。

もし、若気の至りとして考えているのであれば、謝罪をするべきではないか。

また、いじめが発生したクラスの担任は解雇すべきではないか。
同じ授業料で受ける人間が不公平なことがあるべきなのだろうか。




good choice!


リヤド・マフレズ

広告
スポンサーサイト
[2017/06/11 12:20] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム | エディン・ジェコ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dreaming46.blog.fc2.com/tb.php/5-86eb5dfa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
dream for people


世の中、憂鬱な事ばかりですが前を向いていきましょう。そうした人々に夢を与えるようなブログにしていきたいと思います。

プロフィール

ドリーム株式会社

Author:ドリーム株式会社
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。