スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
リヤド・マフレズ
アルジェリア代表のサッカー選手。MF
マフレズはフランスのAASサルセルのユースでキャリアをスタートし、2009年にカンペールでプロデビューを果たした。1年後にル・アーヴルに加入し、トップチームですぐに出場機会を得ることはできなかったが、リザーブチームでレギュラーとなり、次第にトップチームでも出場機会を得られるようになった。2014年1月に当時チャンピオンシップに所属していたレスター・シティへ完全移籍した。2015-2016シーズンにはPFA年間最優秀選手賞を受賞する活躍で、レスター・シティの初優勝に貢献した。

しかし、レスターシティは今季は、優勝は出来なかった。

人生は山あり谷ありだ。去年良ければ、今年も良いということはない。昨日良ければ、明日良いという保証はない。社会人であれば、昨日まで働いていたが、急に退職勧告を受けることもある。学校であれば、急にクラスからいじめを受けることになることはある。学生時代は精神が安定している方は少ない為、グループに所属していないものや能力が劣っている、もしくは優れているものに対して仲間外れにしたり、「お前はダメな人間なんだ。」とカーストを張られることもある。体育の時間に集団で腹を蹴られたり、休憩時間にボールをぶつけられて嘲笑されることもある。いじめを行っている人間は、行ったことは覚えていないが、受けた人間の心には一生の心の傷として残っている。いじめが原因で死んでしまうこともある。

それを若気の至りとして処理してはいいのだろうか?
「ハハハ」と笑って済ませればよいものであろうか?

失った時間は取り戻すことは出来ないが、行わなければならないこともあるのではないか。

もし、若気の至りとして考えているのであれば、謝罪をするべきではないか。

また、いじめが発生したクラスの担任は解雇すべきではないか。
同じ授業料で受ける人間が不公平なことがあるべきなのだろうか。




good choice!


リヤド・マフレズ

広告
スポンサーサイト
[2017/06/11 12:20] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
エディン・ジェコ
ボスニア・ヘルツェゴビナ代表のサッカー選手。FW
最多得点記録保持者でもあり、2014年9月からは代表の主将を務める。2つのリーグで計3度の優勝を経験し、ブンデスリーガではグラフィッチ(ブラジル)とコンビを組み、得点を量産して得点王に輝いている。彼は父親もサッカー選手であったが、5歳の頃に紛争に巻き込まれて、一家で団地に避難し、音を立てられない地下室生活を強いられながら砲弾が止む僅かな時間にサッカーを楽しんでいた。音も立てられない生活をすることは、慣れれば問題ないものだが、心苦しいものはあっただろう。人間の心理としては、音を立てないことも出来ないし、だからといって、音を立て続けることも難しい。
なぜなら、自由でいたいからだ。束縛されず、自分の本能のままで生きていたいという欲求があるからだ。

しかしながら、チームで人を管理するとなると自由に生きていくだけではいけない。

自分の行いたい欲求を相手に正確に伝えることだ。他人に内容が伝わらずにあたふたしてしまい、他人の発想で物事を進めてしまい、取り返しのつかないことになってしまうからだ。では、正確に伝えるにはどうするか。これには練習が必要だ。何時に外出する、夕食を食べる、通勤・通学の時間に何をしているか等の自分の行動を記録することだ。一日の行動予定表をあらかじめ作成して、予定通りに進んだか確認することだ。確かに基本的なことかもしれないし、それが人を管理すると関係あるのかという議論はあるが、自分の行動を一つずつ見つめなおすことが人を管理することの第一歩だ。

紛争に巻き込まれるかもしれない、リストラに遭うかもしれない、試験に受からないかもしれないと状況は人それぞれだが、
自分を律することが人を管理することに繋がり、かつ人の能力を引き出せる繋がるだろう。


good choice!
エディン・ジェコ

広告
[2016/06/05 14:13] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
ジェイミー・ヴァーディ
イングランド代表のサッカー選手。FW。彼は8部リーグから5部、3部、2部と上り詰めてきた選手だ。そうしてレスターシティが2016年イングランドのブレミアリーグで優勝した。しかしながら、彼の苦労は並大抵ではないだろう、チームが1部に上がらなければ、注目されて、ビッククラブに移籍することは難しい。選択肢としては、他チームに移籍することもあっただろう。サッカー選手の寿命は短く、一般の会社員が60歳としてもサッカー選手として生計を立てていくのは、35歳がボーダーラインだ。彼はそれでもレスターシティから離れることはなかった。一つのことに徹して生き続けれきた一人の男だ。現在、一般企業では業績不振により、希望退職に持ち込ませたりする企業も存在する。しかしながら、もっと企業としてひとりひとりの才能を生かしていかないといけないのではないか。一人一人の知識を共有し、共有した情報から策を生み出し、既存の人間を活かすシステムを築いていかなければいけない。good choice!
ジェイミー・ヴァーディ
[2016/05/16 22:35] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
ダニエウ・アウヴェス
ブラジル代表のサッカー選手。DF。ブラジル代表の主力であり、世界最高のサイドバックである。スペインでの試合である事件が起こった。後半30分にバルセロナが右のコーナーキックを獲得すると、ダニエウ・アウベスが蹴るためにコーナーフラッグの方に向かった。すると観客席からバナナが投じられたが、それを拾って皮を剥き、頬張ったのだ。アフリカの血をひくブラジル人のダニエウ・アウベスは他の黒人選手と同じく、過去にもサルの鳴きマネや差別用語をスタンドから出されてきた。このバナナは人種差別に対しての象徴だ。黒人=ゴリラという差別だ。外国にもこういった差別が存在する一例だが、日本にも差別という名のいじめは存在する。学校では差別と同じ、いじめが存在しており、いじめられる子といじめる子、いじめの存在を知っておきながら傍観するものがいる。いじめられるという恐怖は学校の時代だけでは終わらない。終わったと感じているものはいじめている子だけだ。新しい環境に行っても、「また、いじめられてしまうのではないか。」と、いじめられていた過去が走馬灯のように蘇える。そして、PTSDや心身症になり、毎晩毎晩眠ることが出来なくなる、生活もままならない状況になる。いじめられた子は一生負った傷を背負っていかなければならないのだ。だからこそ、いじめの存在を知っておきながら傍観するものは、傍観はしてはいけない。助けなければいけない時は助けなければならない。間違っていたら、注意しないといけない。いじめの被害者になるかもしれない。しかし、一声、「やめろ!」と声を上げる必要がある。また、学校の教師にもいじめ問題には重く取り扱って頂きたい。学校の教師には生徒を守る義務がある。いじめられる人間がいるのであれば、声をかけてあげて、時間をとる必要がある。また、いじめている子にも話しを聞く必要がある。その時に、いじめている子が完全に悪いとか、いじめられている子が悪いとか否定的なことは言ってはいけない。いじめっ子、いじめられっ子双方に不利益が生じ、二次災害を起こすからだ。いじめはなくならないのではない。一人一人、他人を考えて、他人をいじめないマナーを読書し、学習し、よりよい生活をするよう心がければいじめは撲滅する。いじめは見えない凶器だ。今、いじめている人間は、自分がいじめていたことが習慣化されてしまい、社会人になった時にパーワーハラスメントを持つ社会人になるだろう。そのことを理解しないといけない。good choice!

いじめで悩んでいる人は下記も見てください。私はいじめで悩んでいる人のみかたである。
いじめと戦おう!

ダニエウ・アウヴェス

広告
[2016/05/15 23:06] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
マリオ・バロテッリ
イタリア代表のサッカー選手。FW。彼は身体能力が高く、テクニックもある選手である。彼は若くにビッククラブに移籍し神童呼ばれる一方、度重なる問題行為で悪童と呼ばれていた。彼は問題行動で人気を集めている人間だが人種差別には自身がいじめに遭っていた事もあったようで2011年5月には少年がいじめにより不登校になったという事実を聞くとその少年と母親とともにいじめた少年たちを叱咤したそうだ。彼は「イタリア代表なのになぜ黒人がいるんだ?」と囁かれていた。人種差別問題は世界でまだまだあると言われる。人種を受け入れられない人、世界の隠れた優劣はある。しかし、人種を受け入れる心構えを一人一人が持つことに変わる事があるにではないだろうか。偏見なくオープンな社会を創っていくことが大切なことではないだろうか。good choice!

マリオ・バロテッリ
[2012/06/30 00:32] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
dream for people


世の中、憂鬱な事ばかりですが前を向いていきましょう。そうした人々に夢を与えるようなブログにしていきたいと思います。

プロフィール

ドリーム株式会社

Author:ドリーム株式会社
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。